頭皮の匂いの原因

頭皮の匂いの原因を突き止める!

頭皮,匂い,原因

頭皮の匂いの大きな原因は皮脂です。
このページでは、なぜ頭皮がくさいのか?くさくなる原因を追っていきます。
下記の順に説明していきます。

  • 皮脂が匂うのはなぜ?
  • 汗と皮脂は違うのか?
  • 時間とともに酸化する皮脂
  • 皮脂が出る理由
  • その他の理由

皮脂が匂うのはなぜ?

頭皮,匂い,原因

頭皮の匂いの原因は、皮脂であることはほとんですが、なぜか?

 

皮脂が匂う、というのは・・・

 

皮脂の酸化!

 

が原因だからです。


皮脂と汗は匂いの元が違います。

皮脂と汗の違い

汗がくさい時は、細菌の繁殖によって匂いが出ています。
頭皮の匂いの原因は汗ではなく皮脂、つまり油の酸化です。

 

ロウソクのロウのような、または古い油のような匂いは皮脂が酸化した匂いなんですね。
皮脂の酸化は原因菌がある汗と違うので、体臭スプレーなどで防止する事はできません。


時間とともに酸化する皮脂

皮脂が酸化する時間

皮脂は時間とともに酸化していきます。
通常だと5、6時間で酸化すると言われています。

 

朝にしっかりシャワーで洗っても、夕方になると匂ってくるのはそのためです。


皮脂が出る理由

頭皮の皮脂が出る理由

頭皮の匂いというのは、皮脂が酸化して起こるのが理由です。
では頭皮の皮脂が出るのはなぜか?
それは皮脂が頭皮を守るためです。

 

皮膚は乾燥してしうと傷つきやすくなってしまいます。
また乾燥した皮膚には雑菌も繁殖しやすくなります。
皮脂というのは、匂いの元になりますが、反面、とても大事なんですね。


頭皮の匂いの原因 その他の原因

頭皮の匂いの原因は皮脂の酸化が一番の原因と書きました。
それ以外にも、様々な要因があります。

毛穴の汚れ、詰まり

頭皮の毛穴

頭皮の毛根の拡大写真などを見たことがあると思います。
思った以上に毛穴に油や老廃物が溜まっていて「汚い!」と思ったでしょう。

 

毎日髪を洗っていても、毛根に詰まった汚れはなかなか落ちません。
これは男性も女性も同じです。
毛穴に詰まった老廃物からは酸化臭もすれば雑菌も繁殖して、より強い匂いを出します。
シャンプーをした後は、シャンプーの香りで誤魔化されますが、毛穴の汚れは取れてはいないのです。

シャンプーやリンスの残り

頭皮に残ったシャンプー

シャンプーやリンスをした後に、すすぎはキチンとできているでしょうか?
すすぎ残したシャンプーやリンス、コンディショナーも匂いの原因になります。

 

理由は二つあり、頭皮に残ったシャンプーやリンスから皮膚を守るために、余計に皮脂が出る事。
また、シャンプーやリンス自体には色々な成分が入っています。その中には時間が経つとイヤな匂いに変わる物もあるんです。

体臭、加齢臭

体臭

頭皮の匂いの原因には、体臭や加齢臭も影響してきます。
それぞれの皮脂や汗がたまりやすいのが頭皮です。

 

体臭は年齢とともに発生原因も変わってきます。
若いころは新陳代謝の活発さが原因ですが、年をとってくるとホルモンバランスの乱れや低下によって体臭や加齢臭が生まれます。

頭皮の匂いの原因 まとめ

頭皮の一番の原因は皮脂である事、またその他の要因も多くある事を書いてきました。
「最近、頭皮がくさいかも?」と思っている人は、洗髪が一番大事ですが、その他の事にも目を向けていきましょう。
具体的な対策については別ページにて解説していきます!