生乾きは、頭皮の匂いのもと!!

ちゃんと乾かしてますか?生乾きは悪臭のもと!

ドライヤー

髪が長い人は毎日、髪を乾かすのが大変だと思います。

 

ついつい面倒だったり、朝の出勤時間に間に合わないと中途半端に乾かして出かけたりしますよね。

 

でも、これが要注意。

 

髪の生乾きは頭皮の匂いの原因になるからです。

なぜ生乾きが悪臭になるのか?

湿った皮脂が臭いを出す

頭皮が臭い原因は、皮脂の匂いです。この皮脂が余計に臭ってくるのは湿ったほうが臭いのです。

 

匂いの成分というのは、乾燥した状態より湿気を帯びた状態のほうが空気中に放出されやすくなります。

 

例えば、あなたが山に行ったとします。夏と冬、どちらが香りがするでしょう?夏ですよね。生い茂った草の香りや自然の匂いが真夏はむわっとくるはずです。

 

匂いというのは湿気があるほうが匂いやすい!という事です。

湿った頭皮は雑菌も繁殖しやすい

人間の皮膚には様々な雑菌がありますが、やはり湿った状態は繁殖しやすくなります。「菌」というのは基本的に適度な湿度が大好きで活発に動きます。

 

雑菌は悪臭のもと。生乾きの洗濯物が臭いのと同じです。

不衛生な頭皮は皮脂がでやすい

何度も書きましたが、頭皮の匂いというのは皮脂の匂いです。

 

基本的に頭皮の匂いを防ぐには、きちんと皮脂を洗ってやる事が一番なのですが、生乾きのような不衛生な状態は余計に皮脂が出ます。

 

人間が皮脂を出すのは皮膚を守ろうとしているから。不衛生な皮膚の状態では、自動的に皮脂を出そうとするんですね。

 

もちろん逆に乾燥していても駄目ですが、生乾きの状態では濡れすぎです。きちんと乾かしましょう!

きちんとドライヤー、どうやって?

きちんと髪を乾かそうとすると、大変ですよね。

 

気をつけていただきたいのは、頭皮、つまり髪の根元です。

 

どちらかというと、毛先などはそれほど重要ではありません。

 

髪を乾かすときは、根元を乾かすように気をつけましょう!

 

鏡を見ながらすると効果的です。ドライヤーの風がきちんと当たっているかみましょう!

ドライヤーの温度に注意

ドライヤーから出てくる風の温度というのは、商品によってマチマチです。

 

高温のほうが髪を早く乾かす事ができますが、地肌に当たると熱いですよね。

 

それだと、ついつい根元を乾かさなくなります。

 

温度は適度な温度で。早く乾かしたい人は、温度が高い物ではなく、風の勢いが強いドライヤーを探しましょう!

 

地肌が弱い人は、冷風でも乾かす効果はあります。色々と工夫して生乾きにならないように努めましょう!!